おすすめしたい飲食コンサルタント会社を比較!

飲食店の集客にSNSは有効?

    

飲食店の集客をするにあたり、お店の宣伝方法は多岐に渡っています。
中でも手軽にできるSNSを利用して集客している飲食店も増えています。
ですがSNSでの集客は有効なのか確証が持てずに悩まれる経営者も多いのではないでしょうか。
ただ情報を更新するだけでは閲覧数も増えず、集客に繋がりにくいのは、一度個人でブログやホームページを運営したことがある方だと想像に容易いのではないでしょうか。

 

しかし、うまくSNSを活用できれば集客をするにあたって大変心強いツールになります。
ではSNSごとにどのような利用方法があるかご紹介します。

SNSツール

・LINE

「LINE」を活用した集客方法として、LINE@のサービスを利用したものが大変効果的です。
公式アカウントでは維持費が高額ですが、LINE@は利用料もさほど高額ではありません。
LINEでは主にリピーターに対する集客が有効です。
来店者がお店のアカウントを友達として追加することで、フェアや新メニュー、おすすめの食材を入手した時に一斉に知らせることができ、宣伝効果が見込まれます。
またLINEの友達には、画面提示でドリンクの割引を行うなど、リピーターにお得なサービスを提供することができます。
またLINE@ではお客様との通常のトークも可能である為、予約や、予約前日のリマインドなども直接やり取りすることが可能です。
更にLINEクーポンも発行できる為、LINEの友達限定の特別クーポンで集客を行うのも手法の1つです。

・Facebook

「Facebook」を活用した集客方法もあります。
Facebookは長文の宣伝に向いています。
多少長い文章でもFacebookであれば文字数の制限に引っかからず投稿でき、利用者も他のSNSよりは長文でも目を通してくれ易くなります。
「おすすめ食材を入手したので、今だけ数量限定でこんなメニューが提供中です」という内容のものを、メニューの魅力が十分伝わるよう、より内容を濃くし、写真も添付して配信することが可能です。
またFacebookも同様に多くの人の目に触れるので集客効果も見込めます。

・Twitter

「Twitter」を活用した集客方法では、よりお店を身近に感じて頂くことができます。
Twitterは手軽に短い文章や写真を投稿するのに向いている為、その日入荷したおすすめの食材をアップしたり、店内の混雑状況などを通知したりするのにおすすめです。
また「今日は暑いですね、こんな日は冷えたアイスコーヒーを入れてお待ちしております」や「当店は雨宿り歓迎です。少しお茶していきませんか」など、少し茶目っ気を入れながら、メニューの写真をアップすることで、親しみやすさを感じ、リピーターが増えたり、集客に繋がったりします。

・Instagram

「Instagram」を活用した集客では、ハッシュタグの言葉選びが重要になってきます。
Instagramは写真を投稿するSNSです。
その為、メニューの写真を投稿していきますが、ここでハッシュタグを「#東京 #渋谷 #カフェ飯 #チーズたっぷり #○〇(店名)」などにすることで、より検索されやすいようにします。
投稿された料理をみてお店を訪れる新規客も出てきますので、より多くのメニューやお店の写真を載せることが集客を増やすコツとなります。
Instagramでは最近、動画もアップ出来るようになりました。
動画を使うことでより臨場感のある告知が可能です。動画の利用もぜひ検討したいものです。

まとめ

このように、それぞれのSNSはとても有効的なツールとして利用することができますので、SNS毎の特性を活かしたピーアールを展開することが出来ます。
しかし投稿する内容や写真選びなどは案外難しいものです。アドバイスが欲しい方もいると思いますが、そのような時は飲食店経営のコンサルティングを活用することも検討されてはいかがでしょうか。
いずれにしても今後の飲食業に於いてネット系のパブリッシュ展開はますます重要になって来ます。