おすすめしたい飲食コンサルタント会社を比較!

飲食店で結果を出すためのコンサルティング会社選びのコツ

    

コンサルティング会社を選ぶポイント

飲食店を経営していて、専門家の助けの必要性を感じたことはありますか?
思うように集客ができなくて困っている、メニューに改善点があるか知りたい、人件費や食材費が予想以上にかさんで経営を圧迫している、など、経営者がひとりで悩んでいるお店も多いことでしょう。

プロの専門的な知識や経験を求めてコンサルティング会社に相談しようか考えている方のために、どのようにコンサルティング会社を選べばよいのか、そのコツをご紹介いたします。

 

自分が相談したいことを把握しよう

まずは、自分が相談したい分野は何なのか把握することから始めましょう。
ひとくちに「飲食店コンサルティング」と言ってもいろいろと特徴があるはずですので、自分の店の課題にあった会社を選ぶ必要があるからです。

まず、「開業」に強いのか、それとも開業後の「経営」に強いのかを確認しましょう。
また、販促などの営業、メニュー開発などの商品、接客などのサービス、組織、または財務など、その会社がどんな分野に強いのかも確認しましょう。

同時に、どの程度の規模の飲食店が主な顧客になっているのかも確認しましょう。
小さな個人の飲食店、複数店舗を展開するお店、今後FC化したいお店、チェーン店と、いろいろな規模のお店がありますが、 お店の規模が違えば、課題も異なるので、実績を確認する際にクライアントの店舗規模についても聞いておきましょう。

こうして、相手の専門分野を正しく把握することで、あなたの課題に一番合いそうな会社が絞り込めるでしょう。
専門分野でないのに、なんでも引き受けるコンサルティング会社もあるそうですので、注意してください。

コンサルティング会社を見極める

つぎに、コンサルティング会社が優秀かどうか、見極めるポイントがいくつかあります。

まずは実績です。
具体的な成功例がどのくらいあるかを確認しましょう。
できれば自分の店と業態や問題点が似ている例が多いと安心です。
もしできれば、成功したお店に実際に行ってみると判断しやすいかもしれません。

つぎに、各クライアントとの契約期間についても聞きましょう。
短い契約期間の仕事が多い会社は、もしかしたら実績を上げられずに契約を切られているのかもしれません。

また、契約料金についての確認も重要です。
最初から高額な料金を提示する、解約しにくい長期契約しか受け付けない、無料相談のときには情報をほとんどくれない、など、少しでも不信感を抱いた場合には気を付けたほうがいいでしょう。

また、担当スタッフについても確認しましょう。
どんな経験を積んだ人なのか、どんな分野が強い人なのかということです。
また最初の相談やプレゼンは上司で、それ以外の実働するスタッフは部下、ということもあり得ますので、どういった役割分担で仕事をするのかも聞いておくといいでしょう。

最後に、自分の経営理念にあった会社かどうか見極めましょう。
あなたが飲食店の経営において目標にしていることはなんでしょうか。
地元になじんだお店になることでしょうか。
それとも店舗を増やして大企業の経営者になることでしょうか。
飲食以外にも経営の多角化を進めることでしょうか。
あるいは知る人ぞ知る隠れ家的お店になることでしょうか。

目標がはっきりしたら、コンサルティング会社の理念や得意分野が自分の目標と合いそうか、自分のお店にあった提案をしてくれそうかを、自分の直感も働かせて比較し、気持ちよくコンサルティングが受けられそうな会社を選びましょう。
例えば、自分は料理には人一倍こだわっているのに、コンサルタントからは効率的なメニューへの変更ばかり勧められたり、お店を大きくせずに今の規模で繁盛させたいのに、大規模経営につながる提案ばかり勧められたりしたら、いくらコンサルタントが有能でも、満足いく成果は上げられず、双方の労力が無駄になってしまいます。
以上のような点をよく検討してみて、自分の店に合ったコンサルティング会社を見つけられるよう行動してみて下さい。