おすすめしたい飲食コンサルタント会社を比較!

飲食店の経費削減見直すポイント

    

経費削減の見極め

数年前に消費税の増税などもあり、「こまめに電気を消して無駄な経費を節約しよう」とか、「広告費の見直しを検討しよう」など、今まで以上に経費削減を意識し、収益を確保しようとしている飲食店も増えているのではないでしょうか。

光熱費の節約や設備の見直し、消耗品の徹底管理やメニューや食材のチェック、あるいは、宣伝広告費の費用対効果の確認など、さまざまな角度から経費の見直しは可能ですが、そういったことをすでに実践している飲食店も多いかもしれません。
それでは、今後はどのようなポイントを押さえながら、経費の削減を図っていけばよいのでしょうか?

 

削減してよいものを見極め、タイミングを知る

ポイントの1つ目は、「削減してよいものを見極める」ということです。
何でもかんでも、やみくもに削減するということではなく、意味のある削減をするということです。
それでは、意味のある削減とは何でしょうか?売り上げにつながらないような経費や効率の悪い経費を減らしていくということに他なりません。
逆を言えば、売り上げなどの利益につながる経費にはしっかりと投資し、それは削減していけないということにもなります。
例えば、経費削減のために実施したことなのに、売り上げも下がってしまっては意味がありません。
意味がないどころか、削減した経費がお店のコアな売りやサービスの質に関するような内容であれば、売り上げは下がり続け、経営自体も危ぶまれる事態になりかねません。
ポイントの2つ目は、「経費削減のタイミングを知る」ということです。
例えば、飲食店を開業して間もない頃などは、さまざまな取り決めがまだ決定していない時期でもありますし、売り上げも不安定かもしれません。
また開業して時間が経っている場合であっても、商売には波がありますから、売り上げの悪い時期もあるかもしれません。
そんな折に、「支出をとにかく減らさなければ・・・」と、焦り、経費削減を強く意識し過ぎてしまうと、精神的にも余裕がなくなってくるのではないでしょうか。
もちろん、日頃から節約などを意識していることは大切ですが、度を越した経費削減の意識はプレッシャーにもなり、将来的に利益を生み出す見込みのある経費までも、その場しのぎで削減してしまいかねません。
ある程度、経営が軌道に乗っている時や、金銭的な余裕のある時の方が、かえって経費削減を見直すことができるタイミングと言えるでしょう。

従業員・スタッフと一丸になって、経費削減に取り組む

ポイントの3つ目は、「従業員・スタッフと一丸になって、経費削減に取り組む」ということです。
オーナーがせっせと節約に取り組んだとしても、スタッフがしょっちゅう電気を消し忘れ、食材などを無駄にしているとしたら、経費削減の努力は半減してしまいます。
オーナーには現場のコストがどれくらいかかっているのかが把握できているため、経費削減の認識を現実の行動へ移せます。
日常のちょっとした無駄にも注意が行き届きます。
しかしながら、従業員はどうでしょうか。
責任という意味においてもオーナーとは立場が違いますし、そこまで高い意識を持つ人は稀なはずです。
そんな中で、オーナーは「節約、節約、」と締め付けるだけでなく、何のための経費削減かを明確にしておく必要があります。
それは、店舗の将来の発展につながる行動であることを伝え、スタッフがコスト削減の正しい認識を身につけることが大切です。
スタッフのそんな認識や共感によって、コスト削減に心から協力してもらうことが可能になると言えますし、それは互いに気持ちよく働くことにもつながっていくことでしょう。
ポイントの4つ目は、「業者などを上手に利用する」ということです。
経費削減のために消耗品などを変更しようかと迷うこともあると思いますが、そんな時は気軽に業者に相談してみることが有用です。
無料相談や無料見積もりをしてくれる業者も多いですし、いくつかの業者に頼んで比較検討してみたり、実際に商品を見せてもらったりすると良いでしょう。