おすすめしたい飲食コンサルタント会社を比較!

飲食店のコンサルティングはどれくらいの期間で効果が?

    

コンサルティングの効果はどのくらいででる?

飲食店コンサルティング会社に仕事を依頼しようとするとき、気になるのは「どのくらいの期間で効果が現れるのか」という点です。

しかし、店側の規模や立地、業態はそれぞれ違いますし、またコンサルティング会社側のサポート内容やサポート期間も異なりますので、一概にいつごろ効果がでるかは明言できません。

コンサルティングによって業績アップしたお店の例を見てみたら、効果が出てくる時期というものが、感覚としてわかるかもしれません。
いくつか例を挙げてみましょう。

 

新規出店で初年度売上2400万円、4年で5店舗の出店に成功した焼き肉店

新規立ち上げから、継続的なコンサルティングによって4年にわたり成功した例があります。

ある経営者が、コンサルティング会社のサービスを受けながら経営を進めていきました。

コンサルタントから、飲食店の経営原則から料金設定、接客サービス、人材教育など、多岐にわたるコンサルティングを受けながら、順調に業績を拡大し、初年度で年商1.3億円、営業利益2,400万円、そして4年間で5店舗の拡大にも成功しました。

初年度からずっとコンサルティングを受けていることで継続的に効果が出ている成功例だと言えます。

居酒屋がリニューアルを機に売上10%アップ

ある居酒屋では、リニューアルを機にコンサルティングを依頼しました。

業態のプロデュースから、店頭看板の改善、メニュー、チラシ、リーフレットの改善などによって、1年間で平均売上が10%増、客単価も600円前後のアップ、原価率を1、2ポイント下げることに成功しました。

1年で目に見える成果が出ています。

売上がアップダウンしながらも1年で成果がはっきり出た飲食店

鶏肉をメインにしたある飲食店は、お店のリニューアルの際にコンサルティングを利用しました。

メニュー、チラシ、リーフレットの製作、ファサードの変更、ホームページ作成などのサポートを受けたところ、リニューアル直後の3か月間は売上がぐんとアップし、その後3ヶ月ほどは売上が少し落ち込み、その後は来店客数が安定し、リニューアル前に比べて136%の売り上げアップにつながったそうです。

売上がアップダウンしながらも、1年間で安定した成果が出てきた例と言えます。

比較的予算をかけず成果を出せた焼き肉店

毎年、前年比売上93%という数字に悩んでいた焼き肉屋が、コンサルティングを依頼しました。

すると、メニュー分析、店名の変更、メニュー、ファサード、パンフレットなどのデザイン変更、ウェブの利用などを経て、業績が改善しました。

リニューアル後は売上が昨年比120%前後で安定し、客単価も約500円アップしたという成果が得られたそうです。

たった3か月で売上がアップした沖縄料理店

ある沖縄料理店がコンサルティングを利用したところ、メニューのリニューアルや宴会サポートの改善など、売上アップを図る対策を行い、その結果3か月後には最高月商を達成しました。

宴会予約が2倍になったそうなので、コンサルタントが提案した「宴会サポートの改善」が功を奏したことがわかります。

ちょっとしたサービスのリニューアルで、短期間に効果を出した良い例だと言えます。

赤字転換から、繁盛店に変貌した焼き鳥店

リーマンショックから立ち直れず、業績悪化に苦しむ焼き鳥屋がありました。

コンサルティングによって、まず照明を変更しただけで、その月は売上の減少がストップしました。

さらにコンサルティングを進め、商品分析、外観分析、店頭陳列や宣伝ツールの改善などで集客を行ったところ、コンサルティングを依頼する前の売上と比較して2.5倍になり、前年比130%〜140%にまでアップしました。

1か月で効果が出始め、継続したコンサルティングによって効果がどんどん出てきた成功例と言えます。
このようにいくつか例を見ていくと、コンサルティングの効果は前年の数字と比較することが多いようです。

場合によってはすぐに効果が出ることもありますが、まずは1年で業績アップ、現状改善することを目標に、コンサルティングを利用してみてはどうでしょうか。