おすすめしたい飲食コンサルタント会社を比較!

コンサルティング会社が提案する飲食店の経費削減

    

コンサルタントが提案する経費削減商売で収益を上げるためには、多くのお客様に来てもらい、店を繁盛させ、売り上げを上げることが一番の方法です。
それと共に、支出を少しでも減らし、手元に多くのキャッシュを残す工夫が必要です。
支出を減らすということは、経費を削減するということに他なりません。
飲食店の場合、水道代・ガス・電気といった光熱費がかさみますし、食材の仕入れなどにもコストがかかります。
その他にも発生するあらゆる経費のことを考えると、頭が痛いといったオーナーも多いのではないでしょうか。

飲食業は競争の激しい世界でもありますから、いわば生き残りをかけて、飲食業のコンサルティング会社への相談を検討している店舗もあるかもしれません。
「経費削減について相談してみたいけれど、具体的にどんな指導をしてくれるのだろう・・・」と不安を持っている方もいるかもしれません。
飲食店コンサルトの会社はたくさんありますので、内容も特徴もさまざまだと思いますが、基本、経費削減のためのアイデアや提案、具体的な実施方法、また、改善のためのさまざまな手伝いをしてくれるので、店舗の運営を含め、多くのメリットを享受することができることでしょう。

今回、飲食店コンサルトのカリスマが提案している経費削減に関するメソッドをここに1つ記したいと思います。
よろしければ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

「経費の見える化」

飲食店の経費削減のためには、まずは「経費の見える化」をすることが大切になります。
「見える化」とは、一目で経費全体が把握できるように、紙やシートに図表・グラフ・数値などで表し、普段から見えるようにしておくことです。
飲食店の経費は、大きく分けると、原価・水道光熱費・減価償却費・宣伝広告費・人件費・賃料などになります。
さらに、細かく分ければ、「電気」「ガス」「水道」「通信費」「食材」「配送費」「家賃」「カード手数料」「振込手数料」・・・といったものになりますが、例えば、それらの項目をシートの横の欄に記入し、縦の欄には、「年間の削除金額」と「契約系」「設備系」「節約系」といった3つのカテゴリを作ります。
そして、3つのカテゴリには、それぞれ「方法」「効果」「実行月」の欄を作ります。
まず、最初の「電気」でしたら、縦と交わる「契約系」のカテゴリの「方法」のところには、電気会社を変更する、深夜割引を取り入れるなどのアイデアを記入します。
その下の「設備系」のカテゴリの「方法」には、省エネ電球・LED電球に交換するなど、実行できそうな事柄を書きます。
また「節約系」のカテゴリの「方法」には、エアコン・レンジフードをこまめに清掃して電気代を節約するなどと記入します。

同様に、「ガス」であれば、「契約系」の「方法」には、ガス会社の変更、「設備系」の「方法」には、熱伝導の良い鍋に変える、「節約系」の「方法」には、強火の炎の調整などといったアイデアを書いていきます。

さらに、「水道」であれば、「設備系」の「方法」には、蛇口に節水コマをつける、「節約系」の「方法」には、食器洗いを流水から、ため洗いに変更するなど、実行したい内容を書きます。
「食材」「通信費」「配送費」「家賃」・・・なども同様に削減方法をカテゴリ別に記していきます。
そして、それらの方法を実行するのは、具体的に何月なのかを「実行月」の欄に書き、実行した後は、効果や結果がどうであったのかを「効果」の欄に記していきます。

俯瞰的・計画的経費削減を

これは「見える化」シートの一例になりますが、このように、経費全体を見える化することで、やるべきことが明確でシンプルになると同時に、効率化されるといったメリットがあります。
もちろん、全てのコスト削減を実行できるかはわかりませんが、思いつきで場当たり的な削減をするのではなく、俯瞰的・計画的に経費削減を考えられるので、得るところも多いのではないでしょうか。
もしかしたら、すでに経営状態を見える化しているお店もあるかもしれません。
けれども、もし「コストが下がらない」、「ムダが多い」と思うのであれば、このように一度、紙に書き出し、全体を把握しながら、目に見えにくい要素についても明らかにしていってはいかがでしたでしょうか。