おすすめしたい飲食コンサルタント会社を比較!

飲食店コンサルティングの上手な活用方法

    

コンサルティングの上手な使用方法

 

飲食店を経営していて、改善したい問題が見つかった時、どうやって乗り越えていますか?

一人で悩みつつ試行錯誤しながら経営している人が多いかもしれませんが、上手にコンサルティング会社を利用して業績改善に成功した経営者がいるのも事実です。

では、どのようにコンサルティング会社を利用すればよいのでしょう。

ここでは、飲食店コンサルティングの上手な活用方法についてまとめました。

 

依頼のタイミングを知ろう

コンサルティング会社に仕事を依頼するのに良いタイミングは、主に2つあります。

まずは、新規開業前のタイミングです。

初めてお店を開店するときは、その経営者の多くが、飲食店経営について何かしらの不安を抱えているはずです。

場所探し、事業計画、資金調達、店舗デザイン、メニュー開発など、新規出店を前に決定しなければならないことは多岐にわたります。

たとえ他店で経験を積んだ人であっても、初めて挑戦する事柄があるでしょう。

また、建築関係や事業計画における深刻な間違いや法令違反があったら、開店自体が白紙になることもあり得ます。

ですので、開店準備の際は早めにコンサルティング会社にサポートをしてもらうのがおすすめです。

2つめは、業績が下降し始めているタイミングです。

お店の業績が下降しかかってきたタイミングで、早めに手を打てば、すぐに効果が出ることがあります。

一人で悩んだりあきらめたりせずに、コンサルティング会社に頼ることを考えましょう。

しかし、業績が完全に落ち込んだ後では、サポートを受けても回復に限界がある場合があるそうです。

タイミングを逃さずにコンサルティングを活用することをお勧めします。

自分のお店の規模に合った会社を選ぼう

コンサルティング会社は、規模によって大きく2つに分けられます。

ひとつは、大企業を顧客に持つ「大手のコンサルティング会社」、もうひとつは「小規模で専門性の高いコンサルティング会社」です。

あなたが何店舗も支店を抱える大企業の経営者ならば、前者に依頼した方が的確なアドバイスがもらえるでしょう。

いっぽう後者は、小規模な飲食店の経営ノウハウを蓄積していることが多いので、小規模なお店の経営者は、後者の方が希望するサポートを受けられるはずです。

問題点や改善したい点をはっきりさせよう

つぎに、あなたが解決したい問題はなんでしょうか。

集客、人材不足、リピーター不足、原価率の高止まり、経費削減など、抱えている問題はさまざまです。

問題がはっきりしていれば、その問題解決を得意にしているコンサルティング会社を選べばOKです。

問題がはっきりしていない場合は、総合的に現状分析をしてくれるコンサルティングを選びましょう。

会社にとって得意分野や専門分野はまちまちですので、それぞれの特徴や、サポート内容をよく把握することが大切です。

包括的なサポートを使うべきか、個別のサポートを選ぶべきか

予算についても事前に考えておくことが大切です。

包括的になんでもサポートしてくれるパック料金は、いろいろなサービスを含んでいるので比較的高めです。

パック料金だと、最初から全体の費用がわかっているので安心とも言えます。

一方で、さまざまなサポートを小分けにして、それぞれのサポートについて料金を支払うタイプもあります。

こちらは包括的なパック料金よりも初期の経費は少ないのですが、コンサルティングを進めていくにつれ、新たに問題が出てきて別のサポートが必要になったときは、追加の費用が発生することになります。

どちらがいいかは一概に言えませんが、想定外の問題が起こりうる新規開店時は、包括的なパック料金が安心だといえます。

コンサルタントと信頼関係を築こう

さて、コンサルティング会社が決まり、早速コンサルティングが始まったとします。
コンサルティングを受ける際に大切なことは、お店側が能動的に問題解決に向かう姿勢をもつことです。
お店の事情はさまざまですので、いくら経験豊富なプロのコンサルタントでも、一人で何でも解決できるわけではありません。
コンサルタントの意見を尊重しつつ、お店側の意見や事情もきちんと伝えて、協力しながら対策を進めていくことが、コンサルタントを上手に活用する秘訣です。

このように、飲食店コンサルタントを上手に利用するのは、それほど難しいことではなさそうです。
今まで縁がなかった人も、ぜひこの機会にコンサルティング会社の利用を考えてみてはいかがでしょうか。