おすすめしたい飲食コンサルタント会社を比較!

飲食店のコンサルティングは必ず効果が出るの?

    

コンサルティングを利用するメリット

飲食店のコンサルティングには興味があるものの、どれだけ効果があがるのかわからないので、二の足を踏んでいる人もいるでしょう。

たしかに、コンサルティングによる効果の度合いは、事前には明言できません。

また、経営者が何を求めているかによって、効果の内容は異なります。

具体的な数字で示せる「効果」を予測するのは難しいものの、お金で換算できない「メリット」はほぼ確実にありますので、ここで具体的に説明します。

 

専門家によるサポート

■専門的な分析による現状把握
コンサルタントは、専門的なノウハウによって、競合店や立地など外部環境について、またお店自体の現状を分析して、お店の強みや弱み、問題点などを明確にしてくれます。

自分では知り得ない情報や、自身のお店についての客観的な評価を知ることができます。

経営者にとっては、今後の経営戦略を作るうえで非常にためになるので、これによるメリットは大きいといえます。

■コンサルタントが使う考え方や知識を「盗める」
コンサルティングを受けていると、飲食店経営についての知識、問題発見の手法やプロセス、データ分析の手法、飲食業界の知識などが手に入ります。

こういった知識や手法を将来的に自分で使いこなせるようになれば、経営者としての力量もアップします。

コンサルティングを受ける際には、出される情報について積極的に関わり、理解を深めるとよいでしょう。

■時間が節約できる
問題がおきたときに、自分だけで試行錯誤するよりも、経験豊富なコンサルタントの知恵を借りて、最適な方法で取り組んだほうが、問題解決のスピードが早くなります。

それまで悩んでいた時間をほかの業務に回せるので、時間が節約できるようになります。

■問題解決のための費用対効果が高くなる
コンサルタントは、専門的な状況分析によって、将来お店に起こりうる問題を、事前に予測できることがあります。

問題を未然に防ぐための戦略が早めに立てられるので、経営上のダメージを防げることになります。

また、すでに問題が起きていても、効果が出やすい取り組みに絞って問題解決を図りますので、むやみに多くの解決策に手を出してしまうよりも、費用対効果が高いといえます。

■最新の情報源として活用
飲食店のコンサルタントは、飲食店経営のプロですので、メディアなどで発表されていない情報や、表に出にくい現場の情報をもっています。

たとえば、さまざまな地域の飲食店の最新情報を知っていたり、自治体による中小企業支援策などの情報にも精通していたりします。

飲食店経営に関する最新情報を常に把握しておくことは、経営者にとって大変重要です。

社内・業務の改善

■社内のコミュニケーションがよくなる
忙しくて、部下の考えや、現場の不満を定期的に把握する時間がない、という経営者もいるでしょう。

そんな場合でも、コンサルタントが経営者に代わって、現場の意見を吸いあげてくれます。

経営者に代わって、ポリシーや戦略などを具体的に現場に伝えてもらい、理解が深まることもあります。

■業務管理の流れをつかめる
業務改善のための取り組みを行う際に、経営者に代わって従業員の進捗状況を管理したり、また経営者自身の取り組みも定期的にチェックしたりしてくれるので、効率的に業務改善が行われます。

コンサルティングを通して、自分や従業員に業務管理の習慣が身につけば、自然と効率の良い仕事ができるようになりますので、長期的なメリットも期待できます。

■孤独になりがちな経営者への精神的な支え
経営者は、従業員になんでも本音で話せるわけではありませんので、つい一人で問題を抱えがちになります。
一人で悩まずに、気軽に相談できる専門家がいるだけで、安心感があるものです。
たとえば従業員にとって負担に感じられそうな改革を進めるときにも、上手にサポートしてくれるので心強い味方になります。

■自分の考えや想いを具体化してくれる、夢への実現!
お店の現状を把握したうえで、経営者の理念や考えを理解してくれるコンサルタントは、今後の経営方針の方向づけを、経営者の考えに沿って上手にまとめてくれます。
これは、将来的な展望をはっきりさせ、経営者にとって夢の実現のための具体的な方法を見つけるのにとても参考になるでしょう。

このように、コンサルティングを活用するメリットはたくさんあります。
飲食店コンサルタントを上手に利用して、メリットを最大限に引き出し、今後の経営に生かしてください。