おすすめしたい飲食コンサルタント会社を比較!

飲食店コンサルティングの効果的な戦略とは?

    

コンサルティングの効果的な戦略

 

飲食店コンサルティングは、どんな戦略でお店の業績改善をサポートしてくれるのでしょうか。

初めてコンサルティングを依頼する前に、どのような提案を期待できるのか、知りたい人も多いはずです。

ここでは、コンサルタントが提案する戦略の概要について説明します。

 

 

販促プランの提案

コンサルタントは、蓄積した経験と知識、そしてお店の現状分析と外部環境の調査を通して、お店にあった販促プランを用意してくれます。

看板や内装を見直したり、ウェブを利用したり、目玉となる一品を推した宣伝をしたり、お店に最適な提案ができるかがコンサルタントの腕の見せ所です。

最近はとくに、ウェブの効果的な利用は販促戦略にかかせないと言ってもよいでしょう。

コンサルティングによるフェイスブックやツイッター、ホームページの上手な活用や、「食べログ」や「ぐるなび」をはじめとするグルメサイトへの効果的な掲載などによって、集客効果がすぐに出ることもあります。

掲載する料理の写真を変えただけで、新規顧客を増やせることがあるので、注力すべきポイントのひとつです。

女性客を呼び込みたいなら女性向けのメニュー開発やセットメニューの設定、家族客を呼び込みたいなら子供にやさしい店内づくりやファミリー向けのウェブサイトへの広告掲載など、コンサルタントはお店の要望に合わせて戦略を練ってくれるはずです。

人材採用・育成プラン、スタッフ・マネージメントの提案

人材の育成や採用は、円滑な店舗運営になくてはならない重要なポイントです。

人件費は経費の大きな部分を占めるので、的確な人員配置、スケジューリングは健全な経営にとって欠かせません。

また、従業員の意見を聴きとったり、労働環境の改善を図ったりすることも、よい店づくりにはかかせない戦略です。

人事関連の仕事は、その道のプロに任せたほうが、無駄のない採用活動、スタッフ管理ができるため、スタッフの満足度も上がり、効率的な人員配置にもつながり、結果的に人件費の削減につながるかもしれません。

経営マネージメントの提案

いくら料理の腕が素晴らしくて、お客さんとのコミュニケーションは上手であっても、売上や経費などの金銭的な管理能力が低いと、売上が上がっているわりに利益が出なかったり、無駄な経費がかさんだりして、安定した経営にならないことがあります。

毎日のお金の管理と中長期的な事業計画、また売上に対する支出項目の比率の見方など、経営戦略の見直しも大事なポイントです。

お店にあったマネージメント方法を提案してもらうことは、安定した経営につながります。

顧客満足度をあげるプラン

安定した経営のためには、定期的に来てくれるリピーターの確保は重要なポイントです。

また、インターネットでのお店探しが一般化している現在、お客さんの口コミ評価や書きこみは無視できません。

コンサルタントは、いかに来店時の満足度を上げて、次の来店につなげられるか、そのための戦略の提案してくれるでしょう。

接客の様子、スタッフの動き、また清潔度など、お店を分析したうえで、顧客満足度を上げるための方法を見つけてくれるはずです。

たとえば、接客サービスの改善、割引クーポンの作成、誕生日プランやパーティープラン、特別感謝デー、曜日ごとの特別サービスなどの設定、あるいはリピーター層に合わせた店内の改装やメニューの変更など、顧客満足度を上げるための具体的な戦略は多岐にわたります。

コンサルタントの分析を通して一番お店に合った戦略を選ぶことが、経費を無駄にせず最大限の効果を出すことにつながります。
以上のような戦略は、あくまで一例であり、コンサルティング会社によって得意とする戦略はまちまちです。

まずは無料相談などの機会を利用して、興味のある会社にコンタクトをとってみるとよいでしょう。

コンサルティング会社の情報は比較サイトなどでも収集できますから、ネットなどから調べてみましょう。