おすすめしたい飲食コンサルタント会社を比較!

飲食店の集客方法はどうやって決めるの?

    

集客の方法飲食店を開業する場合、味や料理といったことに気持ちが傾きがちな店主も多いかもしれません。

そもそも料理が好きだったり、得意だったりするから、飲食店を営むのでしょうし、どうしてもそこにこだわりたい気持ちはわかります。
もちろん、美味しい料理を提供することはお店が繁盛するための最低条件でもあります。
また、料理の次に大切なことは、接客やサービスだと認識しているお店も多いことでしょう。
そこで、店主は美味しい料理と心地良いサービスでお客様を待ってはみるものの、ふたを開けてみれば、思ったほど人が集まらずに悩んでいるといった状況があるかもしれません。
飲食店に限らず、商売は多くの人にお店を知ってもらわなければ、誰もやって来ないのが現実であり、収益を上げたいのであれば、味と同時に、集客戦略も練らなくてはいけません。
ただし、これもほぼ常連客がつくまでの活動であり、効率良く実施すべきです。

集客の方法

そんな集客のやり方ですが、さまざまな方法があります。
例えば大手飲食チェーン店では、テレビコマーシャルで宣伝し、人々の関心をひきつけます。
そのようなCMには何億円というコストがかかりますが、街なかの小さな飲食店にとっては到底考えられない集客法ですよね。
そのように、集客方法を決める際の目安の一つとなるものに、いくらまでコストがかけられて、コストに見合った、あるいは、それ以上の効果が見込めるかどうかという「費用対効果」があります。
出来るだけコストが少なく、集客効果が最大限に高ければ、どんどん実施してお客様を呼び込むべき良い方法ということになるでしょう。

例えば、コストがあまりかからない販促の一例としては、外観に「看板」などを掲げる方法があります。
と言っても、看板業者に頼んで作ってもらうような立派な看板でなくても、黒板に文字やイラストをチョークで書き、イーゼルに立てるだけでも集客ツールとして十分機能するでしょう。
カフェやビストロ、居酒屋などの店先で見かけることもあるかもしれませんが、カフェなどだと、情報にプラスして小洒落た雰囲気を作る工夫もでき、一石二鳥かもしれません。

逆に、コストや手間がかかるわりに、意外とそれに見合った集客ができないのが、「新聞の折り込み広告やチラシ」でしょう。
以前は集客方法の定番でしたが、インターネットなどの普及により、反響率は減少傾向にあると言えます。
つまり、集客方法を決める際は、時代の波に乗ったやり方を選ぶということも重要なポイントになります。

インターネットを用いた集客

そんな時代に即した方法がインターネットを使った集客です。
例えばFacebookやTwitterといったSNSやブログなどを利用することが挙げられます。
どのツールもコストがゼロでありながら、使い方によってはかなりの宣伝効果が期待できます。
利用方法も簡単ですので、毛嫌いしていた人もやってみることをおすすめします。
家族や知り合いに若い人がいるなら、是非教えてもらいましょう。
また、グルメ集客サイトに載せてもらうことも得策です。
グルメ集客サイトからお店を探す人が多いため、反響が出やすく、有益な方法の一つと言って間違いないでしょう。
ただし、登録や継続にはコストがかかりますから、反響を見守りながら、費用対効果をチェックしていくと良いでしょう。
なお、グルメ集客サイト以上に優先してほしいのが、独自のホームページを持つことです。
店舗のさまざまな情報を自由に発信できますし、お店の雰囲気も伝えられます。
また、公式のホームページがあることで信頼感を持ってもらえるというメリットもあります。
いわば、お店のもう一つの看板であり、玄関にもなり得ます。
作成には時間や手間などコストがかかりますが、ホームページは一度作ってしまえば、集客効果が続き、収益を生み出してくれるため、費用対効果という面においても優れています。
ホームページは最強の集客ツールと言っても過言ではないでしょう。

最後に、お店の周りにはオフィスが多いのか、それとも住宅街の一角なのかなど、周囲の環境によっても集客方法の決め方は変わります。
近隣にオフィスが多いのであれば、名刺とメニューを持って挨拶回りに行くことで、即効で常連客ができることもありますし、住宅地であれば、地元の人にどのようにアピールするかを考えるべきでしょう。