おすすめしたい飲食コンサルタント会社を比較!

効果的な集客で飲食店の経費削減

    

広告費の経費削減

飲食店の経営者であれば、「売り上げを伸ばしたい」、「収益を増やし、店の運営を安定させたい」と考えるのは当然でしょう。

とはいえ、売り上げを増加させるには時間がかかることもありますし、収益を確保するためには、経費の削減も念頭に置いていなければなりません。
その経費削減ですが、売り上げを増やすことに比べると、短期間での効果が可能になります。
なので、どの経費をどのように削減するかを具体的に検討することが大切であり、それによって、手元に残る利益もかなり変わってくることになるでしょう。

 

 

飲食店の広告宣伝費を見直す

飲食店の経費は、大きく分類すると、原価・水道光熱費・減価償却費・宣伝広告費・人件費・賃料などになります。
そして、おおまかな比率としては、食材原価+人件費60%、水道光熱費5%、賃料10%、減価償却費7%、宣伝広告費5%、その他の経費5%が、一般的と言われています。
そんな中、光熱費の節約を励行したり、設備系を見直したり、消耗品の徹底管理をしたり、メニューや食材のチェックをしたりなど、さまざまな工夫の余地があるかもしれませんが、中でも、広告宣伝費の見直しは経費削減に比較的、効果の出やすい方法と言ってよいでしょう。
ところで、宣伝広告費というものは集客が目的なので、そこを削ってしまうと売り上げに悪影響が出てしまうのでは?と危惧する経営者もいるかもしれません。
しかしながら、昨今の集客方法には実にさまざまなものがあり、中には、ローコスト、あるいは、コストゼロで効果的に集客が出来るものもあります。
そういったツールや媒介などを賢く利用して、経費削減を目指すと同時に、集客にも大いに役立てると良いでしょう。
集客方法として、昔から長く利用されているものとしては、CM、ラジオ、チラシ、折り込み広告、看板、ノボリなどがあります。
CMなどは反響が大変高いとはいえ、非常にコストがかかり、そこまでは考えていないという飲食店も無論多いことでしょう。
また、ラジオも同じくコストは高いです。
チラシや折り込み広告はどうでしょうか。
これらはインターネットの普及により、反響率は減少傾向にあると言ってよいかもしれません。
印刷などにかかる費用との兼ね合いや費用対効果を見極める必要があるでしょう。

インターネットを積極的に活用しよう

また、看板やノボリといったものも通行者を呼び込む定番ツールとして人気がありますが、業者に頼めば、やはりそれなりのコストがかかることになります。
こういったアナログな宣伝以上に、費用対効果が高いのは、やはり時流に沿ったインターネットを使った集客方法でしょう。例えば、「Twitter」や「Facebook」といったSNS、あるいはブログは、利用するのにコストはゼロ円ですし、しかも使い方によって非常に高い集客効果が期待できます。「Twitter」はリアルタイムの強みがあり、口コミ拡散に有用ですし、さまざまにリンクを貼ることで、相乗効果も狙えます。「Facebook」は、新メニューや料理の写真をアップしたり、魅力ある情報を発信することでフォロワーの数を増やしたり、また、お得クーポンの発行や予約受付などもつけることができます。ブログもまた、お店のさまざまな情報やキャンペーンを載せられますので、「Twitter」や「Facebook」と連動させながら運営すると、更に効果がアップするでしょう。

なお、コストは多少かかりますが、「ぐるなび」や「食べログ」といったグルメ集客サイトに掲載することも反響の高い集客方法です。さらに、最近では「Retty」「ぐるなび」「食べログ」「ホットペッパー」などのグルメアプリも非常に注目されており、今後はLINEとの提携によって、利用者の増加が予想されますので、積極的に活用するのもよいかもしれません。また、現代では、独自のホームページを持つことも集客する上では欠かせない要素となっており、ホームページはお店のオリジナリティや雰囲気を伝え、さまざまな情報を発信できる看板のようなものになっています。自分で作れば、作成費は無料ですし、スキルも時間もないという方は、コスパの良い業者などもありますので、探してみるとよいでしょう。一度作ってしまえば、いつまでも集客効果が続いていくことを考えれば、ホームページは非常に費用対効果の高いツールということになり、宣伝広告費用の削減に一役買ってくれることでしょう。